• ホーム
  • レチンAクリームのジェネリック「Aレットジェル」は通販で購入可能!

レチンAクリームのジェネリック「Aレットジェル」は通販で購入可能!

2019年12月09日
鏡を見ている女性

アメリカで人気の高いニキビ治療薬レチンAクリームは、肌をピーリングしながらニキビ痕を残さず治療できる薬として人気を呼んでいます。また肌のターンオーバーも高めてくれるため、治りにくかった赤ニキビもきれいに治してくれると好評です。日本では未承認の医薬品ですが、2,000円~3,000円程度で海外から取り寄せることができるので、ニキビに悩む人たちを中心に海外から個人輸入を進めている人も見られます。

でも、使い続けるとしたらランニングコストがかかりすぎるといった声も挙がっています。レチンAクリームは先発品なので、若干高額になることがネックとなるでしょう。こういったときに、おすすめしたいのが、ジェネリック医薬品(後発医薬品)です。ジェネリックとは、新薬の特許が切れた後に発売される医薬品のことを指しています。添加物などは異なる場合がありますが、同じ成分を使っていることがほとんどで、効能や効果は同等ながら安価で購入できるメリットがあります。

イタリアの製薬メーカーであるメナリーニ社が販売するAレットジェルは、レチンAクリームのジェネリック医薬品です。Aレットジェルのメリットは、主成分となるレチノールの濃度を変えたバリエーションが販売されていることです。0.025%、0.05%、0.1%の3つのバリエーションがあるため、肌の状態などを見ながら購入することができます。

肌が弱い人は0.025%と低用量のものを購入し、普通ニキビ~赤ニキビの治療であれば005%が適当です。シミやしわを治したい場合や治りにくいニキビに対しては、0.1%を使ってみることをおすすめします。トレチノイン配合のジェネリック薬はいくつか存在していますが、Aレットジェルは最安値とされています。

ただし、トレチノインを主成分としたニキビ治療薬は日本では認可されていません。個人で使用する場合に限り個人輸入をすることは認められていますので、よかったら利用してみるとよいでしょう。
入手方法としては個人輸入通販サイトを経由した購入です。難しいことは全くなく、通販で洋服や雑貨を購入するような感覚でお取り寄せができるので安心です。ただ、シンガポールなどからの発送になることと通関を通らないと手元に届かないといったところから到着までに時間がかかってしまいます。
こういったことを見越して少しまとめ買いをしておくとよいでしょう。

Aレットジェルも3ヶ月程度の治療期間が必要です。少し多めに取り寄せておくのが治癒への近道ですよ。